トックンイングリッシュ プログリット 神田

『トックンイングリッシュ(プログリット)』神田校の場所は?どんなカリキュラムなのか?

トックンイングリッシュ プログリット 神田

 

2か月で驚くほどの英語力を身に付けられる『PROGRIT(プログリット)』は、ビジネス英会話に特化したコーチングスクールだ。

 

 

  • 高い継続率
  •  

  • 高い満足度
  •  

  • TOEICの高スコアUP

 

 

ビジネスで英語を使用したい人にはおすすめできるスクールだ。

 

 

 

『PROGRIT(プログリット)』は都内に3か所校舎がある。

 

 

週1回の面談などで利用することになるので、その内容を詳しく見ていこう。

 

 

『トックンイングリッシュ(プログリット)』神田校の場所は?

 

 

トックンイングリッシュ プログリット 神田

 

 

通うには便利な場所にある。

 

 

開校時間は

 

 

  • 平日:13時〜21時
  •  

  • 土日:9時半〜18時

 

 

となる。

 

 

決めた校舎を行き来することは基本的にはできず、固定となるため慎重にあなたにとって便利な校舎を選ぼう。

 

 

 

『PROGRIT(プログリット)』神田校の場所をもっと詳しく確認する⇒

 

 

 

『トックンイングリッシュ(プログリット)』神田校の内容は?

 

 

学習の内容はどの校舎でも同じとなる。

 

 

  1. 週1回の面談が8回受けられる
  2.  

  3. 自分にあった最適なカリキュラムとテキストで英語力を習得できる
  4.  

  5. 毎日無制限のチャットコーチングが受けられる
  6.  

  7. わからないことをオンラインで即解決できる

 

 

限られた2か月間の中でビジネスに使える英語力をUPさせる内容だ。

 

 

実践的な英語力を獲得するため『PROGRIT(プログリット)』には【ビジネス英会話コース】【TOEICコース】2つのコースが用意されている。

 

 

 

 

【ビジネス英会話コース】

 

ビジネスにおいて、議論や交渉ができる英語力を目指すコース。
より次元が高く実践的な内容となる。

 

 

<学習内容>

 

  • ビジネスでよく使われる表現を習得し、徹底したアウトプットトレーニングでスピーキング力UP
  •  

  • シャドーイングを中心としたトレーニングでリスニング力UP

 

 

対象となるのは、

 

  • TOEICで800点以上
  • ビジネスシーンで英語力を発揮したい
  • 海外赴任などすぐに英会話を習得する必要がある

 

 

徹底的なビジネス英語のトレーニングにより、実践的な英語力を身に付けるトレーニングコースだ。

 

 

 

 

【TOEICコース】

 

本質的な英語力の向上により、短期間でTOEICスコアの向上を目指す。

 

<学習内容>

 

  • 基礎文法の習得
  •  

  • 語彙力の強化
  •  

  • 発音の矯正
  •  

  • 音声知覚の強化

 

英語力に必要な土台を徹底的に強化する。

 

対象となるのは、

 

  • TOEICの高スコアが必要
  • TOEIC800点以下で伸びなやみを感じている

 

本当の英語力を身につけ得点UPを目指すコースだ。

 

 

『PROGRIT(プログリット)』の優秀なコンサルタントは、各校に固定でおりそれぞれの校舎を行き来することはない。

 

 

どのコンサルタントも

 

  • グローバルな環境での実務経験を持つビジネス英語のプロフェッショナル
  •  

  • 学問としての英語はもちろん、ビジネスの現場で起こりうるあらゆる問題に対応できる、生の英語力を身に付けている

 

と、レベルの高い優秀な人材なので安心していいだろう。

 

 

『PROGRIT(プログリット)』では自宅での学習が主となる。
ただ、つまずきや学習の進捗の把握など、週1回の面談を始めとした専属コンサルタントのサポートが重要になるのは間違いない。

 

『PROGRIT(プログリット)』で驚くべき成果をあげるために、まず最初に必要となるのが無料カウンセリングをうけることだ。

 

 

 

どの校舎であなたの英語学習のサポートを受けるべきか?

 

 

 

を見極めるためにも、まずは『PROGRIT(プログリット)』の無料カウンセリングを受けてみよう。

 

 

 

2カ月間で圧倒的な英語力が身につく『PROGRIT(プログリット)』【無料カウンセリング】の詳細をみにいく⇒